お勧めコンテンツ


閉じる

注目ニュース注目ニュースの一覧はこちらから

UPDATE / 2013/07/16
アメリカの新しい理科教育基準
 この春、アメリカで全国共通の理科教育基準が制定され(次世代科学基準、Next Generation Science Standards、NGSS)、その導入が始まります。これは、小学校~高校を対象とした、日本で言う学習指導要領のようなもので、自分で模型を作るなど、探求型、問題解...
▼続きを読む

UPDATE / 2013/06/06
訃報:François Jacob博士(1920-2013)
 先日、著名な遺伝・病理学者であった、フランソワ・ジャコブ博士が亡くなりました。  博士の研究は、DNAからメッセンジャーRNA(mRNA)というRNA分子を介してタンパク質の合成が行われることや、基質とは異なる部位に結合する調節物質によって酵素が活性調節を受けるというアロステリ...
▼続きを読む

UPDATE / 2013/05/07
カフェインの意外な使い道
カフェインで頭がすっきり冴えるのは実はヒトだけではなく、その記憶力向上作用は哺乳類などでも報告されています。一方、多くの動物は本能的に苦味を嫌う上、カフェインは過剰摂取すると毒となるので、好んで摂取するのはヒトくらいのものでしょう。そのため、植物が作るこのような苦味成分は動物...
▼続きを読む

UPDATE / 2013/03/12
髄鞘の新たな役割が明らかに
 脊椎動物の多くのニューロンは、軸索に絶縁体の覆い(髄鞘)が並んで巻きついています(有髄神経)。ニューロンは長いものでは単体で数mに及ぶこともあるので、この絶縁体の隙間を電気信号が飛び飛びで伝わっていく「跳躍伝導」によって、神経伝達速度を飛躍的に向上させていることが古くから知...
▼続きを読む

UPDATE / 2012/12/17
2012年のノーベル化学賞
 もう一つ、ノーベル化学賞も生物系だったので紹介します。受賞理由は「Gタンパク質共役型受容体(GPCR)の研究」でした。Gタンパク質とは、GTPやGDPを結合していて、光、匂い、ホルモンなど外からの多様な情報を受け取り、細胞内に伝えるタンパク質です。細胞内に浮遊する低分子量Gタン...
▼続きを読む

最新コラムコラムの一覧はこちらから

petunia
複雑なゲノムを読み解く
12/09/01
 今回は、最近報告されたジャガイモのゲノムを例に、どのような工夫をこらしてゲノム解読が行われたのか紹介します。  人類は植物からさまざまな恩恵を受けています。
▼続きを読む
DNAhelix
ゲノム研究@2012
12/06/01
 科学研究の成果は主に論文として専門誌に発表されます。そのため、マスコミで報道されない限り、その内容が研究者以外の目にふれる機会は多くありませんでした。しかし最
▼続きを読む
sleepy
勝手に眠る脳細胞
12/01/01
 起きているべき時についつい居眠りしてしまった経験は、あなたにもあるでしょう。私も眼を覚まそうと思うほどに、眠気が強まる時があります。睡眠は脳の重要な活動の一つ
▼続きを読む

Jabionおすすめのリンク

科学館や博物館

国内の科学館や博物館でデータベースがあるサイトをピックアップ。

その他

その他おすすめリンク

Copyright © 2013 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.